FC2ブログ

一日講習の日【ハーベスタシミュレーション講習編】

毎年開催している『一日講習の日』
今年は1月26日(土)に開催しました。

ブログを遡ってみると、一番最初に講習会を行ったのが2011年7月。
この時は半日講習でした。(この流れで夏は半日講習になったようです)
この夏の講習の翌年2012年1月から一日講習・冬の陣が始まっています。
今年は2019年ですので今年で7年目の一日講習会。
今まで様々な事について勉強してきました。
毎年進化をしている当社の講習会メニューですが(自画自賛です(笑))、
今年は初めての試みがありました。
それは。。。
ハーベスタシミュレーション講習です!

現在当社は、山林課の増員や、高性能林業機械の導入など林業の活性化を図っているところです。
高性能林業機械の中にハーベスタとういう機械があります。
この機械は、木材の伐採、枝払い、玉切り、集積を行う1台4役の機械です。
詳しくは購入時にアップしたこちらの記事をご覧ください(^O^)
ハーベスタ

この高性能林業機械を有効且つ効率的に活用すべく、山林課の職員を対象にシミュレーション講習を行いました。
普段使用している機械ですが、シミュレーターを使用することによっていろんな発見があったようです。
山林課社員の感想を抜粋してみました。



今回のハーベスタシミュレーションをしてみて、実際の現場や機械ととてもよく似ていたので、実際に機械を動かして作業をしているような体験ができた。

ハーベスタでの造材の仕方や、材木を掴んでの機械の扱い方がとても勉強になった。

実際では「こうしたら危ない」と思う材木を掴んでの機械の使用も、シミュレーションだからこそすることができて、
やっぱりこういう扱いをしたら危ないと再確認できたので良かった。

リアリティーがあり、実際載っているのとあまり変わりませんでした。ソーチェーンの傷みまでリアルだったので、実践練習にとても良いと思いました。また、日立建機の方々に色々なお話しが聞けたので良かったです。
また来年も受けたいと思いました。

実際に操作レバーでシミュレーションすることで、普段乗り慣れていない人も操作体験ができた点でとても良かったと思う。
ただ、もっと時間が欲しかったと感じた。




シミュレーターだからできる操作を試すことにより危険予知に生かすことができると思います。
とても良い経験ができたようです。
この度、河村社長の提案で開催されたこの講習。大好評でした(^O^)



3_20190204104417350.jpg

2_20190204104416cb4.jpg

5_20190204104418bf4.jpg

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR